Company Profile  会社概要

市川宝石株式会社は大正9年(1920年)市川由知により宝石精密研磨を技術のコア(芯)として設立されました。

機械式時計の宝石軸受け、オーディオのカートリッジのダイアモンド針、精密測定器の軸受、積算電力計のサファイアの軸受等を製造し、その技術が今日まで継承されて来ました。

創立以来、摩擦抵抗ゼロ(Zero Friction)を目標として、時計、音響、測定器、電力業界等に貢献して参りました。

音楽業界にとっては昭和32年(1958年)にLPレコードが導入されて以来、音楽産業は飛躍的に発展して、レコード盤上の0.05㎜幅の音溝をトレースするカートリッジのダイアモンド針の製造が要求されました。
市川宝石は伝統に培われた精密加工技術で即座にこの要求に応えることが可能でした。また、伝統のZero Frictionの技術をレコードプレイヤーに搭載してカートリッジを動かすトーンアームを製造し音楽業界に貢献して参りました。

今日の世界には何十億枚のレコード盤が残存しております。
この人類の音楽文化遺産を護るのも市川宝石の責務と考え、トーンアーム(Tonearm)を製造し続ける日本に存在する数少ない会社となりました。

日本のみならず、世界の多くの音楽業界にトーンアームを提供しており、今後とも世界のアナログオーディオに貢献させていただきたく思います。

■所在地
〒170-0012 東京都豊島区上池袋4-29-9
TEL:03-3916-4611 FAX:03-3916-4614
E-mail:mail@jelco-ichikawa.co.jp
■創業
1920年
■会社の沿革
当社は大正9年1月に市川宝石工作所の名称で電気計器用軸受宝石制作工場として発足。 昭和33年9月に市川宝石工作所の組織・業務を引き継ぎ、市川宝石株式会社を設立し現在に至る。
■営業品目
各種計器用軸受宝石及びピボット、記録計用サファイヤー針及びスライドシャフト、トーンアーム、オーディオアクセサリー、高級RCA-PLUG及びXLR-PLUG等。